『kobo(コボ)』を連れて旅に出た♪

おはようございます♪

先日、友人たちと1泊の旅行に行ってきまして、そこに楽天の電子書籍リーダー『kobo glo(コボグロー)』を持って行ってみました。

たくさんの本を持って行けるし、さっと出して読むのも楽だし、確かに外に持って行くのに向いてるなあと思いました。

友人たちがいるので、がっつり読書というわけにはいかないですが、ちょっとした隙間時間を埋めるのにとても便利でしたよ♪

<スポンサードリンク>

事前準備!

 外に持って行くので、落としたり、傷つけたりという危険もでてきます。

なので、保護カバーを購入しよう!ということで『kobo glo用スーパースリムケース(クリア)』を購入しました〜。↓↓↓

楽天『kobo glo(コボグロー)』

 『kobo glo』用のアクセサリってあまりないんですよね。

この表カバーなしのケースも他社製品はなかったので、そのまま純正品を購入しました。

 それと、楽天純正品以外で用意したのがこちら↓↓↓

楽天『kobo glo(コボグロー)』

microSDカードの32GBと、液晶保護フィルム。

microSDは家に眠っていたものを出してきました。

保護フィルムは付けるか悩んだんですが、タブレットの画面って、指紋や手の油がすごいんですよね^^;

なので画面保護というか汚れ防止のためにシートを貼ることにしました。

付けてみた感触も悪くないです。

液晶の感度もほとんど変わらないようなので、付けて良かった思ってます。

そして、ちょっと飾り付けしてみました♪↓↓↓

楽天『kobo glo(コボグロー)』

和紙を『kobo glo』本体とスリムケースの間に入れています。

こういうデコレーションとか、飾り付けってよくするんです。

これならぱっと見て自分のだと分かるんで、実は紛失防止の意味もあるんですよ。

私、そそっかしいので……^^;

和柄が好きなので毎回こういう感じになるんですが、私がデコレーションをするときのポリシーというか、こだわりは『ロゴは出す』だったりします。


旅に出た!新幹線内で♪

新幹線内にて↓↓↓

楽天『kobo glo(コボグロー)』

友人たち全員、乗ってくる駅が違うので、私しばらく1人だったんですよ。

なので、しばらく読書タイム。

『kobo glo』は軽いし薄いので、片手で持ってても疲れないし、持ちやすい。

あまりおおっぴらにやるのもどうかとは思いますが、お弁当食べながら読書も大丈夫ですよ^^;

<スポンサードリンク>

宿にて♪

 今回子持連れの友人と、人がいると眠れない友人がいるので、部屋は各自で取りました。

寝る時まで一緒も楽しいですが、こういう1人の時間が持てる旅というのも程よく気楽で良いです。

というわけで、本を読む♪↓↓↓

楽天『kobo glo(コボグロー)』

 もうこうなったら、ベッドでごろごろしながら読書です♪↓↓↓

楽天『kobo glo(コボグロー)』

 こういう時に、ライトがつくのはすごく便利。

部屋の明かりを暗めにして、『kobo glo』のライト着けて、これで読書中いつ寝落ちしても大丈夫!(笑)

読むのが止まれば、そのページのままスリープしてるので、起きてから、どこまで読んだっけ??というのもないです。


『kobo glo(コボグロー)』を旅に持って行って思ったこと♪

電子書籍初心者の私が思ったことなので、よく言われていることだと思うんですが…… 本当に気軽で良いと思います。

軽くて薄いので、小さい鞄でも入りやすいし、出し入れが楽。

機動力が高いというのを今回の旅で実感しました♪

あと、普段紙の本ではかなり気にするのが置く場所。

外の場合、机やテーブルが濡れていたりちょっと汚れていたりすることもよくあります。

紙の本だと、一発でシミになってしまったり、汚れが落ちなくなってしまったりしますが、電子書籍リーダーなら、拭けば大丈夫!

さすがに水にドボンはダメだけど、ちょっとしたことなら問題ないのはとても楽。

もうひとつ、ライトが良い!

『kobo glo』はライトがつきますが、これがほんと便利。

どこでも読めます。

それに目が疲れにくい。

私の目は、基本眼精疲労が酷い状態なので、長時間モニターを見ていると目が開けられなくなったりするんですが、『kobo glo』だと見ている最中に目が痛くなりにくいです。

この手軽さは本当に良いですね^^

読書の幅と量が増えて行く気がします。

なかなか本が読めない、時間がないという人は、電子書籍にしてみる、『kobo』で読んでみると良いと思います。

楽天ブックスkobo glo(コボグロー)

<スポンサードリンク>