サクサクでふわっと美味しい♪『チロリアン』

こんにちは♪

さて、『博多土産シリーズ』第4弾です(笑)

今日は千鳥屋さんの『チロリアン』〜♪

昔からあるのは知ってたんですが、食べたのは初めてでした。

こーれーはー美味しい♪

前に福岡行った時に買っとくんだった〜(>_<)

創業1630年

千鳥屋さんの会社案内を見ると、

寛永7年 原田家が佐賀県佐賀郡久保田に「松月堂」の屋号で本格的にお菓子屋を始める

ってあるんですが、寛永7年っていつのこと??と思って調べてみたら、徳川幕府の2代将軍秀忠の晩年の頃、のようです。

この数年後に島原の乱がありました。

それでも実際に千鳥屋の名前が出てくるのが昭和2年なのですが、すごい歴史が長いんですね〜。

江戸時代、長崎から南蛮文化が伝わってカステラなどの洋菓子を作っていたようです。

歴史のある千鳥屋さん、『チロリアン』のパッケージのイラストもレトロ感あってかわいいですね♪

千鳥屋『チロリアン』

バリエーション豊富なんですね

千鳥屋さんには『チロリアン』以外にも沢山のお菓子があります。

和菓子っぽいものもありますが、洋菓子のルーツを感じるものが多いです。

『チロリアン』のバリエーションもいくつかあります。

『チロリアン』自体も、ショートとロングの2種類がありますし、季節限定『あまおうチロリアン』、形の丸い『チロリアンハット』、『チロリアンアイス』なるものもあります。

個人的には『チロリアンアイス』も気になります^^

通販もできるんですね♪

『チロリアン』食べてみた♪

中身はこうなってます↓↓↓

千鳥屋『チロリアン』

これはショートですね。

味は全部で5種類あります。

千鳥屋『チロリアン』

  • バニラ
  • ストロベリー
  • コーヒー
  • 玉露
  • ごま

 では実食〜♪

千鳥屋『チロリアン』

外のクッキーはサクサクでとても軽くて、中のクリームはしっとりふわふわしてて、思わず次続けて食べそうになります!

甘さもしつこくないです。

これは良い!!美味しい♪

ショートの短い方だから、一口で手軽に食べられるのも良いですね。

ロングも食べてみたいですが……

 もしも今度福岡に行く機会があったら、袋詰め簡易包装の一番大きいのを自分用に買って帰ること間違いないです(-. -;

 いや、その前に通販する方が早いかも……

詳しくはこちら♪ → 千鳥屋『チロリアン』

通販はこちら♪ → 千鳥饅頭総本舗オンラインショップ『チロリアン』

シェアする

フォローする