福井名菓『けんけら』が止められない止まらない♪

福井名菓・朝倉製菓『けんけら』

こんばんは♪

朝倉製菓(あさくらせいか)の福井名菓『けんけら』が後引きで止まらないのです……


福井県では一番古くからあるお菓子のひとつなんだそうですが、昔の人も止まらなくなったのかなあ^^

* 目次 *
  1. 『けんけら』は福井県で最も古いお菓子のひとつ♪
  2. 剣で切らなきゃいけないくらい硬い……でも不思議と止まらない♪
  3. 大豆粉と水飴の素朴な甘さで飽きないんです♪

<スポンサードリンク>

『けんけら』は福井県で最も古いお菓子のひとつ♪

これが『けんけら』♪↓↓↓福井名菓・朝倉製菓『けんけら』

今回購入したのは、福井県の朝倉製菓という会社の『けんけら』ですが、元々福井の特産品なので他の会社も製造販売しています。


でもうちではこの朝倉製菓の『けんけら』を買ってますね。

最初がここだったせいか、何となく手に取ってしまうんですよね。


この『けんけら』、福井県では最も古いお菓子のひとつだそうで、始まりは400年前と言われているんだそうです。

400年前ということは、西暦だと1600年くらい……江戸時代になったころの話ですね。


越前の領主が、狩りに出たときのお茶請けだったとか。

剣で切らなきゃいけないくらい硬い……でも不思議と止まらない♪

これが福井名菓『けんけら』♪↓↓↓福井名菓・朝倉製菓『けんけら』

パッケージにも書いてあるんですが、剣で切り割らなければいけないほど硬いから『剣切羅』と呼ばれるようになった……と。


確かに、結構硬いんですよ。


大豆粉を水飴で混ぜてしっかり固めているので、柔らかさは全く感じないです。


で、ぽりぽり噛みながら食べてるんですが、何となくこれが止まらない!

クセになる堅さなんです♪


福井名菓・朝倉製菓『けんけら』


大豆粉と水飴の素朴な甘さで飽きないんです♪

福井名菓・朝倉製菓『けんけら』

味は大豆粉と水飴の素朴な甘さと味。


きな粉飴とまあ味は似たような感じです。

駄菓子に近い感じですね。


でもほんと、この素朴な優しい味が美味しくて^^


家族も好きなので、テーブルに置いておくと誰かが摘んでますね。


母に至っては、歯が悪いのに食べてるし^^;

歯が悪くても食べたいらしいです……


この『けんけら』は福井県の物産展やアンテナショップでも売ってますよ。

この後引き感を是非!(笑)


私自信は福井には縁もゆかりもないんですが、福井のお菓子には非常に親近感を感じてます♪


朝倉製菓『けんけら』


⇒⇒ 他の『福井県』に関する記事はこちら♪