クロックスの『ストレッチ ソール スキマー ウィメン』動きやすくて足も綺麗に見せる!

crocs(クロックス)『stretch sole skimmer w(ストレッチ ソール スキマー ウィメン)』

おはようございます♪

crocs(クロックス)の『stretch sole skimmer w(ストレッチ ソール スキマー ウィメン)』をモニターさせていただきましたー♪


もうストレッチソールは発売当初からのヘビーユーザなんですが、この『ストレッチ ソール スキマー ウィメン』は今年の新型ストレッチソールなんです♪


* 目次 *
  1. 2015年の新型ストレッチソール『ストレッチ ソール スキマー ウィメン』♪
  2. 『ストレッチ ソール スキマー ウィメン』は履きやすさとデザイン性を合わせ持ったシューズ♪
  3. 『ストレッチ ソール スキマー ウィメン』のサイズ選びについて♪
  4. 一度履いたらクセになる??クロックスの『ストレッチソール』♪

<スポンサードリンク>

2015年の新型ストレッチソール『ストレッチ ソール スキマー ウィメン』♪

これが『ストレッチ ソール スキマー ウィメン』♪↓↓↓crocs(クロックス)『stretch sole skimmer w(ストレッチ ソール スキマー ウィメン)』

今回モニターさせていただいたカラーは『pool / light grey』。

これから夏の時期にも合いそうな、爽やかなカラーです♪


この『ストレッチ ソール スキマー ウィメン』、去年から販売している『ストレッチソール』シリーズの2015年新デザインです。

全部で3種類になりました。


特徴は何と言っても、ここのカット♪↓↓↓crocs(クロックス)『stretch sole skimmer w(ストレッチ ソール スキマー ウィメン)』

大分大胆なカットな気もしますが……


分かりづらいので、うちにある『stretch sole flat w(ストレッチ ソール フラット ウィメン)』と並べてみます♪↓↓↓crocs(クロックス)『stretch sole skimmer w(ストレッチ ソール スキマー ウィメン)』

これだけ違うんですね。


甲の部分のカットが大分大きくなったので、靴の下をどうするかとか、いろいろ工夫もできそうです♪


『ストレッチ ソール スキマー ウィメン』は履きやすさとデザイン性を合わせ持ったシューズ♪

というわけで、『ストレッチ ソール スキマー ウィメン』を履いてみる♪↓↓↓crocs(クロックス)『stretch sole skimmer w(ストレッチ ソール スキマー ウィメン)』

足の甲を全体的に覆う『stretch sole loafer w(ストレッチ ソール ローファー ウィメン)』はとても歩きやすいんですが、『ストレッチ ソール スキマー ウィメン』は適度に足の甲が出てすっきり見えますね^^


crocs(クロックス)『stretch sole skimmer w(ストレッチ ソール スキマー ウィメン)』

足の甲の部分の生地が少ないですが、フィット感はしっかりあります。


やはりここは『ストレッチソール』♪↓↓↓crocs(クロックス)『stretch sole skimmer w(ストレッチ ソール スキマー ウィメン)』

歩くと、靴底が足の裏に付いてくる感覚は、とても歩きやすいんです♪


『ストレッチソール』のバレエシューズタイプの『stretch sole flat w(ストレッチ ソール フラット ウィメン)』だと、足の甲は綺麗に見えるんですが、どうしてもフィット感とか歩きやすさは他のタイプより落ちてしまうんですよね。


そう考えると『ストレッチ ソール スキマー ウィメン』は、歩きやすさと見た目、両方をバランスよく組み合わせたシューズだと思います^^

▷ 『stretch sole skimmer w(ストレッチ ソール スキマー ウィメン)

『ストレッチ ソール スキマー ウィメン』のサイズ選びについて♪

crocs(クロックス)『stretch sole skimmer w(ストレッチ ソール スキマー ウィメン)』

もし『stretch sole loafer w(ストレッチ ソール ローファー ウィメン)』を持っている人だったら、同じサイズで大丈夫だと思います。


私が通常購入する靴のサイズが23.5cm。

今回履いている『ストレッチ ソール スキマー ウィメン』のサイズがW7(23cm)。


これで大体ぴったり^^


実際店舗で購入する場合は、新品で履いた時にフィット感良いなーって思えるくらいのサイズが良いと思います。


何度も履いてると、キャンパス地が少し伸びるんですよ。

だから、最初ちょっとゆるい感じだと、後々ちょっとぶかぶかになってしまうかも。


逆にちょっとキツいと感じても、何度か履けば何とかできるということでもあるんですけれど^^;


『ストレッチ ソール スキマー ウィメン』はぴったり目のサイズを選ぶのがポイントだと思います♪


一度履いたらクセになる??クロックスの『ストレッチソール』♪

『ストレッチソール』と言ったら、何と言ってもこの屈曲性♪↓↓↓crocs(クロックス)『stretch sole skimmer w(ストレッチ ソール スキマー ウィメン)』

これはどの『ストレッチソール』のシューズでも同じなんですが、これだけ靴底が曲がるんですよ。


加えて、甲の部分のキャンパス地もすごく柔らかい。

クロックスの他のスニーカータイプのシューズで使われているキャンパス地よりも柔らかくできてます。


なので、初めて履いた時から足が痛くならなかったんですよ。


『ストレッチソール』を買って初めて履いたのが、一日立ち仕事で歩き回るような仕事の時だったんですが、足先が締め付けられていたいとか、靴擦れとか、全然なかったです^^


キャンパス地の柔らかさに加えて、ここも注目♪↓↓↓crocs(クロックス)『stretch sole skimmer w(ストレッチ ソール スキマー ウィメン)』

靴底がね、厚いんです。


見た目では外側の白い靴底しか見えてないんですけど、実は内側の中敷も同じくらいの厚さがあるんですね。

なので見た目の倍の厚さ!


この中敷の厚さ、中々侮れなくて、足裏のクッション性がすごく良いんです。

やっぱり疲れにくさに一役買ってると思います。


ほんと足に優しいのでおすすめなんです♪

crocs(クロックス)公式オンラインショップ『stretch sole skimmer w(ストレッチ ソール スキマー ウィメン)』

クロックス オンラインショップ