国立競技場スタジアムツアーに行ってきた!

おはようございます♪

先日、国立競技場のスタジアムツアーというものに行ってきました。


2020年のオリンピックが決まって、現在ある国立競技場が建替えられるのですが、その前に国立競技場の内部を公開する見学会が開かれているんですね。

ちょっと前にNHKのニュースでもスタジアムツアーについて取り上げていて、私もそれを見て申し込みました。

ひとりで行っても良かったんですが、身近に嵐ファンの友人がいまして、嵐ファンにとっても国立競技場は聖地なんだそうで^^

なので、その彼女(仮にMちゃんとします)と一緒に参加しました。


関連・参考


 【PR】スポーツ適性診断レポートで、80種類以上からお子さまの得意な種目を見つけて、隠れた才能を引き出そう!


<スポンサードリンク>

申込はお早めに……というか、申込開始日でないと取れません(汗)

私が申し込んだ時(2013年9月)のシステムです。

もしかするとその後変更が有るかもしれません……

ツアーガイドの方の話だと、毎月すごいアクセスらしいんですよ。

状況によっては、今後何か変更があるかもしれないので、『国立競技場スタジアムツアー』開催概要のページ(→ こちら)を確認してくださいね。

申込は『秩父宮記念スポーツ博物館・図書館』のホームページ内で行ってます。

先着順です。

私が申し込んだときでもそうですが、土日はあっという間に埋まります。

私は平日希望だったのでまだ申し込みやすかったですが、それでもその日のうちにはすべての枠が埋まってしまっていました。

申込は、月ごとにまとめて行ってます。

毎月下旬に次の月のツアーの申込が開始します。

申込開始日近くになると、ホームページ上で申込開始日と開始時間がアナウンスされるので、こまめにチェックしておくと良いですよ。

それでも私、申込日の申込時間ぴったりでアクセスしたんですが、なかなかページが開かなくて苦労しました^^;

うちの回線が遅かったのが原因なんですけど、申込みまでに30分くらいかかりました。

私がようやく申込みページにアクセスしたとき、もう既に土日はほぼ埋まっていたので、土日希望の人は頑張って!


集合場所は『秩父宮記念スポーツ博物館』♪

当日の集合場所は、国立競技場内にある『秩父宮記念スポーツ博物館・図書館』↓↓↓

 秩父宮記念スポーツ博物館・図書館『国立競技場スタジアムツアー』

この中で受付です。

【注】この後の話はツアー内容になります!写真もあるのでネタバレです!

実際に行くまで見たくないぞという人は、見ちゃダメです!!

ということで、受付を済ませて中に入ります。

集合場所の横にはこの模型が↓↓↓

秩父宮記念スポーツ博物館・図書館『国立競技場スタジアムツアー』

新国立競技場〜♪

この国立競技場をデザインしたザハ・ハディドさん、今までにもデザインしたけど現実的には建設できないという建物がいくつかあるそうなんですが……大丈夫なのか??^^;

ガイドの方が、大丈夫と言ってましたが……どうなんでしょうね〜。

今後気になる所です。

ちなみにこちらは現在の国立競技場↓↓↓

秩父宮記念スポーツ博物館・図書館『国立競技場スタジアムツアー』

この国立競技場、そもそもなんで建替えなきゃいけないのかというと、

  • 収容人数が規定に達していない(現在5万4千人だが、規定では7万人収容できなければいけない)
  • 陸上のトラックのコースが足りない(現在8コースだが、規定では9コース必要)

元々1964年の東京オリンピックで使われた競技場ですが、今の規定には合わなくなっていたんですね。

私の個人的な意見だと、国立競技場もそうだけど、日本青年館とか周辺施設まで壊してしまうのがとてももったいなく感じてしまうんですよ。

増築とかで何とかならないのかなーと思ってしまいます。

ツアーの最初は秩父宮記念スポーツ博物館を見てまわります。

(写真撮影は、フラッシュたかなければOK)

あ、バボちゃんだ!↓↓↓

秩父宮記念スポーツ博物館・図書館『国立競技場スタジアムツアー』

今の天皇陛下が皇太子時代に美智子さまとフィギュアスケート(アイスダンスかな?)をしている写真↓↓↓

秩父宮記念スポーツ博物館・図書館『国立競技場スタジアムツアー』

皇族の方って、スケートされる方多いんですよね。

……と、一通り博物館をぐるっとまわって、スタンドに向かいます。

<スポンサードリンク>

博物館からスタンドへ……聖火台のそばまで行きます♪

 博物館内から、スタンドへ↓↓↓

秩父宮記念スポーツ博物館・図書館『国立競技場スタジアムツアー』

40番ゲートから見た景色↓↓↓

秩父宮記念スポーツ博物館・図書館『国立競技場スタジアムツアー』

当日はあいにくの雨。

本来なら雨の日コースで室内メインなんですが、やはり聖火台は要望が多いそうで、ちょっとの雨だったら通常コースなんだそうです。

という事で、雨は降ってますが、聖火台を目指します。

雨の中、スタンドを歩きます↓↓↓

秩父宮記念スポーツ博物館・図書館『国立競技場スタジアムツアー』

聖火台が見えてきました↓↓↓

秩父宮記念スポーツ博物館・図書館『国立競技場スタジアムツアー』

聖火台!!↓↓↓

秩父宮記念スポーツ博物館・図書館『国立競技場スタジアムツアー』

ここで嵐ファンのMちゃんのテンションが上がってます。

他の参加者さんたちとなにやら盛り上がってます!

……どうやら、嵐のDVDに聖火台での場面があるそうです……なるほど〜^^;

ちなみに、ツアー参加者が20名くらいですが、嵐ファン、陸上ファン、サッカーファンなどなど色んな方々がいます。

それぞれがそれぞれの楽しみ方をしているようでした^^

秩父宮記念スポーツ博物館・図書館『国立競技場スタジアムツアー』

あ、雨の日のスタンドは足下滑るので気をつけましょう。

特に下りは滑りやすいです。


普段は入れない貴賓室、グラウンドまで入れます。

聖火台の後は、スタンドをぐるっと半周して、正面のVIP席まで移動します。

VIP席からみた聖火台、こんなに遠いのね↓↓↓

秩父宮記念スポーツ博物館・図書館『国立競技場スタジアムツアー』

VIP席の後ろにはロイヤルボックスが2カ所↓↓↓

秩父宮記念スポーツ博物館・図書館『国立競技場スタジアムツアー』

秩父宮記念スポーツ博物館・図書館『国立競技場スタジアムツアー』

ロイヤルボックスには入れませんが、貴賓室の見学ができます。

貴賓室の一画↓↓↓

秩父宮記念スポーツ博物館・図書館『国立競技場スタジアムツアー』

ここでまた、嵐ファンのテンションが上がる!!

えーと、嵐のコンサートでは、この部屋は嵐メンバーの控え室なんですね。

やはりDVDにこの部屋での映像があるそうで、ガイドさんの話だと、ポータブルのDVD を持ってきて現場検証する人もいたとか。

ちなみに、回によっては参加者ほぼ全員嵐ファンだったこともあるそうです。

貴賓室の後は、グランドに出ます↓↓↓

秩父宮記念スポーツ博物館・図書館『国立競技場スタジアムツアー』

ちょうどここで出てきた出入り口、テレビで見た人ことある人多いんじゃないでしょうか??↓↓↓

秩父宮記念スポーツ博物館・図書館『国立競技場スタジアムツアー』

サッカーの試合の入場で、選手が子どもたちと手をつないで出てくるのがこの出入り口。

グラウンドは、芝の上には上がれませんが、トラックは走れます↓↓↓

秩父宮記念スポーツ博物館・図書館『国立競技場スタジアムツアー』

雨だったので走ったりとか派手な事はできなかったのですが、芝には触ってきました↓↓↓

秩父宮記念スポーツ博物館・図書館『国立競技場スタジアムツアー』

上にはのれませんが、触るのはOKです。

芝は思ったより堅かったです。

グラウンドの後は、ロッカールーム見学↓↓↓

秩父宮記念スポーツ博物館・図書館『国立競技場スタジアムツアー』

選手のユニフォームが展示してあって、着るのはNGなんですが触るのはOK。

ユニフォームと一緒に写真撮影できます。

ここで外に出て門の所で↓↓↓

秩父宮記念スポーツ博物館・図書館『国立競技場スタジアムツアー』

このオリンピックマークの横には、写真では見えないですが、1964年の東京オリンピックでの競技とメダリストの名前が彫られています。

新国立競技場になったときにこれは移される予定なんだそうですが、まだ何も決まっていないそうです^^;

この後最初の秩父宮記念スポーツ博物館に戻って解散、となりました。

何か、やっぱりもったいないなーという感想になってしまうんですよねえ。

こういう重厚感ある建物ってなくなってきてますから、なるべく残してほしいなあと思います。

現段階では新国立競技場建設がどうなるのか分かりませんが、今後どうなったとしても今ここで見学できたのは良かったと思います。

秩父宮記念スポーツ博物館・図書館国立競技場スタジアムツアー

<スポンサードリンク>