ヒロソフィーの『原末プラセンタ』を飲んでみた!

おはようございます♪

(株)ヒロソフィーの『原末プラセンタ』を飲んでみたのでレビューします♪

 今回は簡単な試食だったんですが、 いろいろびっくりしたので書いておこうと思いました^^


【PR】プラセンタ注射を毎日打つのと同効果!【ヒロソフィーのプラセンタ】


<スポンサードリンク>

(株)ヒロソフィー、元々はあの『学研』だったんですって!

製品うんぬんの前に、これがインパクト強かったんですよ!

元々は、教育事業・出版社の(株)学習研究社(2009年に『(株)学研ホールディングス』に社名変更)の美容健康部門で、それが2003年に(株)ヒロソフィーとして独立したんだそうです。

(株)学習研究社、通称『学研』といえば、子供の頃とか学生時代にほとんどの人が一度はお世話になっているはず。

実際、私もかなりお世話になっております(>_<)

私はそもそも『学研』に美容健康部門があったことを知らなかったー^^;

でも、ちょっと親近感湧きました(笑)


豚由来のプラセンタなんですが、なぜデンマーク産なのか??

(株)ヒロソフィー『原末プラセンタ』

ヒロソフィーの『原末プラセンタ』、『原末』という名前からして高純度・高濃度なのは想像ができますね。

そして、こういった健康食品のプセンタって、大体馬か豚由来なんですが、 『原末プラセンタ』の場合は、デンマーク産の豚由来のプラセンタを使用してます。

さてさて、なぜ国産ではなくて、デンマーク産なのか??

理由は、

  • 無農薬飼料で飼育されている
  • 抗生物質を投与されていない(投与が禁止されている)
  • 豚の生涯にわたって、衛生・健康管理が徹底されている

デンマークは豚の生産が世界一で、その管理を政府が行っているんだそうです。

なので管理条件が日本よりも厳しいんですね。

そんな厳しい管理条件の元、草原で育てられたオーガニックな豚さんのプラセンタが使われています^^

この高品質・安全性の高さから中国政府の許可を得て、中国政府直営免税店でも販売をしているんだそうですよ。

<スポンサードリンク>

『原末プラセンタ』実際にはこんな感じ♪

 瓶を開けてのぞいてみる↓↓↓

(株)ヒロソフィー『原末プラセンタ』

除湿剤か脱酸素剤の様なものがみえますね。

粉末が細かそうなので、湿気には気をつけた方がいいかなと思います。

中身を出してみます↓↓↓

(株)ヒロソフィー『原末プラセンタ』

 クリーム色の粉末が出てきました。

印象としては、とても細かい感じです。

何かに混ぜたら、溶けやすそうな感じ。

見るからに吸収良さそう^^


『原末プラセンタ』、食べてみた!!

 実際に食べてみました、今回はそのままで……↓↓↓

(株)ヒロソフィー『原末プラセンタ』

………………すっごい、不思議な味(-_-;

甘くはないです。

辛くもない。

苦くもないし。

酸っぱくもない。

……形容詞がない〜(ーー;

私のボキャブラリーが足らないだけなのかと悩みましたが、ほんとに形容し難い味です^^;

まあ、そのまま飲むものではないと思うので、あまり体験することはないのかなーとも思います。

粉そのものが、一般的な粉薬なんかよりも細かいので、そのままだと飲みにくいんですよ。

飲む時は、何か食品(ヨーグルトとかカフェオレとかが良いかな)に混ぜたりとか、オブラートで包んでしまうとかして飲むと良いと思います。

飲むのにちょっと工夫は必要かもしれないですが、かなり高品質・高濃度なプラセンタサプリメントです。

年齢的な悩みを感じていて、プラセンタが気になる、飲んでみようかなーという方は、チェックしてみると良いと思います^^

 ▶ (株)ヒロソフィー原末プラセンタ

ヒロソフィー“神のプラセンタ”一日500円でプラセンタ注射を毎日打つのと同効果!

<スポンサードリンク>