ナチュラルなアミノ酸シャンプー『uruotte(うるおって)』を使ってみた♪

おはようございます♪

先月『レビューブログ研究ワークショップ』主催の『uruotte(うるおって)セミナー』でいただいた、『uruotte(うるおって) 』シャンプーを使用してみました〜♪

『uruotte(うるおって)』はノンシリコンのアミノ酸ナチュラルシャンプーで、これ1本で『洗う』『潤す』『いたわる』ことができる、リンス不要のシャンプーなんです。

最初、リンスが要らないって言われてもクセっ毛だから無理!……って思ったんですが、大丈夫でした!!

*参考*


 【PR】[20万本完売!]石油系界面活性剤不使用・ノンシリコンの無添加アミノ酸シャンプー


<スポンサードリンク>

オーガニックで無添加・ノンシリコン、妊婦さんも赤ちゃんも使える♪

右が『uruotte シャンプー』、左が『uruotte  ヒートリペアミルク(トリートメント)』。

(株)クィーン『uruotte(うるおって) 』

『uruotte』の特徴はタイトルの通り、

  • オーガニック
  • 無添加
  • ノンシリコン

なので、妊婦さんや赤ちゃんにも使えます。

石油系界面活性剤不使用なので刺激も弱いので、頭皮が敏感な人でも使えます。

アミノ酸系シャンプーということで、カラーリングしている人にもおすすめです。

カラーが落ちにくいんだそうですよ♪


高品質なホホバオイルで、皮脂の多さが気になる人でも使えるアミノ酸シャンプーです!

アミノ酸系シャンプーって、一般的には皮脂の多い人には向かないって言われてます。

それはどうしても洗浄力が他のシャンプーに比べると劣ってしまうからなんですね。

『uruotte』はオーストラリアから輸入したホホバオイルを配合しています。

このホホバオイル、契約農家で有機栽培された、1番搾りのみを科学的な的な処理を一切しないで使用しているんだそうですよ。

こちらが先日見せていただいた、『uruotte』に配合されているホホバオイル↓↓↓

(株)クィーン『uruotte(うるおって) 』

ホホバオイルはの皮脂に近く、疑似皮脂のように作用して髪と頭皮の潤いを守って、皮脂のバランスを整える役割をしてくれます。

なので、皮脂多めでべたつきがちな人でも、使っているうちに皮脂のバランスが整ってくるんだそうですよ。

製造元の方のお話では、1本(1ヶ月)使ってみたください、ということでした。

男性だと30代くらいから皮脂の気になる人も出てくると思います。

そういう人も使えるシャンプーなんですね♪

<スポンサードリンク>

実際に使ってみた♪

実際に使ってみたんです!

中身がこちら↓↓↓

(株)クィーン『uruotte(うるおって) 』

色は先ほどのホホバオイルを薄くしたような色、綺麗です。

今回は『ノーブルフラワー & ツリー』というアロマの精油の香りがある方だったのですが、これが良い香りなんです^^

この香りも天然精油を使っているそうなのですが、とても自然で上品な香りです。

洗った後もかすかに香るくらいで、気にならないのも使いやすいなあと思います。

使ってみると、刺激もないです。

泡立ちは、一回目ほとんど泡立たなかったんですが、2回目はちゃんと泡立ちました。

シャワーで流すときの泡切れも良かったです。

そして洗い上がりですが、確かにリンス・コンディショナーがなくても大丈夫でした!!

それでもシリコン入りをずっと使っている人だと、少しごわごわに感じるかもしれません。

多少のごわつきはありますが、許せる範囲だと思います。

逆に今までアミノ酸系シャンプーを使っていた人だと、シャンプーだけでこれだけしっとりするのはすごいと感じるんじゃないでしょうか。

シリコンは髪をしっとり滑らかにするものなので、使った後の触り心地が良いのは当たり前かなとおもうんですが、『uruotte』は、シリコンを使わずに天然原料だけでここまで使用感が良いというのはすごいことだと思います。

私自身は絶対ノンシリコン!というのはないんです。

もともと太い・真っ黒・クセっ毛という非常に扱いにくい髪質をしているので、ヘアケア製品はしっとりさらさらな方が良いと思ってます。

でないと後で頭が爆発するから^^;

そんな髪質の私が、今回初めてノンシリコンの『uruotte』使って、その後ドライヤーかけるまで何もつけずにやってみましたが、何とかなっちゃいました^^

『uruotte』すごーい!

今回良いシャンプーに出会えました。

これからさらに使い続けてみたいと思います♪

(株)クィーン uruotte(うるおって)

レビューブログ研究ワークショップ

<スポンサードリンク>