ライスパワーのコーセー『米肌』の発酵美白ライン、澄肌美白を体験する♪

KOSE(コーセー)[コーセー(株)]『米肌 澄肌美白(まいはだ すみはだびはく)』

おはようございます♪

kose(コーセー)の米肌(まいはだ)アンバサダープログラムに参加させていただいてます。

今年の春に、米肌の美白コスメ『コーセー 米肌澄肌美白』が発売になりまして、このお試しさせていただきました♪


ライスパワー、今までも使っててどれも気に入ってるんですよ。

それが美白のコスメ!

さっぱり感はありつつも、ライスパワーの特徴の保湿力を感じさせてくれる、期待感大きい美白コスメでしたよー♪


丁度これから夏に向かう時期にはぴったりなコスメです^^


<スポンサードリンク>

ライスパワーのコーセー『米肌』、美白ラインが充実している♪

今回モニターさせていただいたのが、この3種類♪↓↓↓KOSE(コーセー)[コーセー(株)]『米肌 澄肌美白(まいはだ すみはだびはく』

  • 米肌 澄肌美白化粧水
  • 米肌 澄肌美白エッセンス
  • <米肌 澄肌美白CCクリーム/li>


2016年4月に発売されたので、ブログ書いてる今現在、そんなに時間経ってないんですね。


以前、米肌アンバサダーのイベントに参加させていただいた時はまだ発売前だったんですが、そのとき商品だけは見せてもらっていました。

その時から実は気になっていたのです……


そのとき参加したイベントがこちら♪↓↓↓


よーく見ると、さりげなくイベントの時には発売前のはずの『澄肌美白シリーズ』も写ってます。


コーセーの『米肌』シリーズは、唯一肌の保水力を改善できると認められた成分『ライスパワー No.11』を使ったスキンケアコスメ。


とにかく特徴は保湿力なわけです。


私も使わせていただいてその保湿感の良さは実感しましたし、使用感もよかったので私のお気に入りブランドのひとつになりました。


今回の『肌澄美白』シリーズは名前の通り美白のラインで、化粧水とエッセンスは医薬部外品。

美白有効成分は、両方ともビタミンC誘導体です。


保湿力のあるコスメって、これから暑い時期はどうしてもぺたつきを感じやすいもの。

それでも『米肌』の従来の『肌潤』シリーズは保湿力があってもべたつく感じではないんですよ。


でも特に夏場になるとどうしても汗もかくし、保湿力が高いものほど使いにくく感じてしまうもの。

私にとって、だんだんとスキンケアがおろそかになる時期でもあります……おろそかにしてはいけないのは分かってるんだけども^^;


それが美白用のコスメになることで、きっとさっぱり感が増してこれからの夏の季節にも使いやすくなるんじゃないかなあと期待するわけです♪


しっかり保湿もできる潤う化粧水、『米肌 澄肌美白化粧水』♪

こちらが『米肌 澄肌美白化粧水』↓↓↓KOSE(コーセー)[コーセー(株)]『米肌 澄肌美白化粧水(まいはだ すみはだびはくけしょうすい)』

見た目は『肌潤化粧水』と同じお米の形をモチーフにしたボトルの色違い。


乳白色の化粧水です↓↓↓KOSE(コーセー)[コーセー(株)]『米肌 澄肌美白化粧水(まいはだ すみはだびはくけしょうすい)』

同じ米肌の『肌潤化粧水』と比べると、やっぱり少しさっぱり感があります。


それでも保湿感もちゃんとあるので、これだけで大丈夫!なんて人もけっこういるんじゃないかな。

特に脂性肌の人だとこちらの方が使いやすいかも。


『澄み肌美白化粧水』の保湿感が物足りないという人は、両方重ね付けしても良いそうですよ。

美白もしたいけど乾燥対策もしたいという人は、2本使いでしっかり保湿するといいと思います。




▷ 『コーセー 米肌澄肌美白



米と発酵の力で曇りのない素肌をめざす美容液『米肌 肌澄美白エッセンス』♪

こちらが『米肌 肌澄美白エッセンス』↓↓↓KOSE(コーセー)[コーセー(株)]『米肌 澄肌美白(まいはだ すみはだびはく)エッセンス』

白いボトルが美しいです。


KOSE(コーセー)[コーセー(株)]『米肌 澄肌美白(まいはだ すみはだびはく)エッセンス』

何となく、美容液というか乳液っぽい感じもします。


保湿感もしっかりありつつも、べたつかないので使いやすいです。


米肌のメインの成分、ライスパワーNo.11の濃度は『肌潤改善エッセンス』よりも低くなるようです。

(『肌潤改善エッセンス』は『ライスパワーNo.11』を高濃度配合しています)


でもやはり夏場の暑い時期に使うなら、『肌潤改善エッセンス』よりも『澄肌美白エッセンス』かなと思います。

夏場はやっぱり、スキンケアのぺたつく感じを少しでも抑えたい^^;

なのでこれから暑い時期に活躍してくれそうな美容液です


BBよりも軽くて、CCよりもカバー力がある『米肌 肌澄CCクリーム』♪

そしてこちらは『米肌 肌澄CCクリーム』♪↓↓↓KOSE(コーセー)[コーセー(株)]『米肌 澄肌美白(まいはだ すみはだびはく)CCクリーム』

CCクリームです。

以前はBBの方が圧倒的に種類は多かったですが、最近はCCクリームもいろいろなブランドで発売してますね。


『肌澄CCクリーム』の色は2色↓↓↓

  • 00(やや明るい自然な肌色)
  • 01(普通の明るさの自然な肌色)


今回私がお試しさせていただいたのは『01(普通の明るさの自然な肌色)』。


実際に塗ってみると、CCクリームにしては塗ってます感があります……↓↓↓KOSE(コーセー)[コーセー(株)]『米肌 澄肌美白(まいはだ すみはだびはく)CCクリーム』

すごくフィット感のあるクリームです。


CCクリームってもっと軽いイメージだったんだけど、『肌澄CCクリーム』はしっかりした感触のクリーム。

BBクリームとまではいかないけど、色もちゃんと付く感じ。


なので、一般的なCCクリームよりカバー力が高く感じます。

一般的なBBクリームとCCクリームの間くらいのイメージかな。

簡単メイクでいいなら、ファンデーションいらないかも?思うくらい。


それにBBの場合は、時間が経つとくすみが出やすいですが、『肌澄CCクリーム』ではそれは感じず。

『肌澄CCクリーム』は、BBクリームとCCクリームの良いとこ取りしたような感じのクリームです。


色的には、今回01を選びましたが、00でもよかったかな。

想像よりも若干01の色が濃かったのもあるけど、肌馴染みが良いので、00にしても大丈夫だったんじゃないかなーなんて。

トライアルセットだと色が2色とも入っているので、ちゃんと選べると思います^^


そしてCCクリームとはいえ、しっとり感はちゃんとあります。

このしっとり保湿感とカバー力なら、エアコンの乾燥にも立ち向かえそう。


これからの夏に重宝しそうなCCクリームです^^




▼▽▼▽▼ 詳しくはこちら♪ ▼▽▼▽▼

▶ 『コーセー 米肌澄肌美白




KOSE(コーセー)[コーセー(株)]『米肌 澄肌美白(まいはだ すみはだびはく)』




kose(コーセー)[(株)コーセー]『米肌(まいはだ)』についての関連記事♪




⇒⇒ 他の『ライスパワー No.11』に関する記事はこちら♪