究極のココナッツオイルを使ったスキンケアコスメ『ココオーガニック』を体験してきた♪

COCO ORGANICS(ココオーガニック)

おはようございます♪

先日、いつもお世話になっているレビューブログ研究ワークショップに参加してきたんですよ。

そこで『COCO ORGANICS(ココオーガニック)』を紹介していただきました♪


ココナッツオイルが流行って暫く経ちますが、ココオーガニック以上のココナッツオイルのコスメというのは後にも先にもないんじゃないか?と感じました!


<スポンサードリンク>

着想10年、開発3年…元『CanCam』ファッションディレクターでブランディングクリエーター渡辺佳恵さんプロデュースの『将来の自分が使って良かったと思えるコスメ』♪

COCO ORGANICS(ココオーガニック)

ココオーガニックのブランドマネージャー、渡辺佳恵さんは元『CanCam』ファッションディレクター。

渡辺さんのこだわりは、効果を感じられて、使用感もいい、さらに自分も子どもも安心して使えること。


ココオーガニックの開発を担当したのは、今までに20社以上のブランド開発、170アイテム以上を手がけてきた、松本将弦樹さん。

松本さんのこだわりは、企業の都合を考えるのではなく本当に肌に良いものを作ること。


松本さんは10年前からココナッツオイルに注目していたそうです。

巷でココナッツオイルが流行るより前の話ですね。


何故ココナッツオイルなのかというと、化粧品で使われるキャリアオイルの中で一番参加しにくいから。

さらに、抗酸化力の高いラウリン酸やマグネシウム、ビタミン類が豊富に含まれているオイルです。


そのココナッツオイルに注目したおふたりが、3年かけて開発したコスメが『ココオーガニック』。


コンセプトは『今日使っていい 明日もいい 20年後もいい』。

将来の自分が使っていて良かったと思えるコスメなんですね。


これって、簡単に言うと究極のコスメってことなんじゃないでしょうか。


日本初!アフリカ・ナイジェリアに自生するココナッツの原種から取れる極上のエキストラヴァージンオイルを使用♪

COCO ORGANICS(ココオーガニック)

『ココオーガニック』の名前の通り、ココナッツを使ったコスメであり、最大のこだわりもココナッツにあります。


一般的に日本に輸入されるココナッツの産地は東南アジア産なんですね。

東南アジアではココナッツの栽培がされているので、農園で収穫されたココナッツやココナッツ製品が日本に輸入されているわけです。


ですが、『ココオーガニック』で使われるココナッツは、アフリカ・ナイジェリア産。

しかも海岸沿いに自生する原種のココナッツなんです。


農薬も使わず品種改良もされず、人の手が加えられていない自然なココナッツの実。

海岸沿いに生えているので、土壌の豊富なミネラルを含んでいる実ですが、あくまで自生しているものなので収穫量自体が少ないそうです。


さらにその貴重な実を、ナイジェリアの伝統的な製法で非加熱で搾油してます。


これがどういうことかというと、加熱して搾油すると熱変成を起してココナッツが持つ素材の力が落ちてしまうんだそうです。

最近ではなるべく熱をかけないように、最低限の熱で搾油するものもあるそうですが、やはりある程度の熱変成は避けられないそう。


『ココオーガニック』に使われるココナッツオイルは、ココナッツの実を砕いて水に浸けて自然に分離してきた上澄み液を搾油した物を使ってるんです。

この上澄み液は一番搾り油、エキストラヴァージンオイルなんですよ。


この一番搾り油というのは、100個のココナッツから1Lようやく採れるものなんだそうです。


そもそも生産量が少ないもので、今まではヨーロッパやインドの限られた富裕層にしか渡らなかったものが、初めて日本に入ってきたというわけです。




▷ 『COCO ORGANICS(ココオーガニック)

ココオーガニック-COCOORGANICS

『ココオーガニック』のアイテムは洗顔からスキンケアまで4種類♪

ココオーガニックのアイテムは、2016年1月現在の所こちらの4種♪↓↓↓

  • クレンジングクリーム
  • フレッシュソープ
  • フェイスクリーム
  • リップバーム


この4種類全てに、アフリカ。・ナイジェリア産ココナッツのエキストラヴァージンオイルが使われています。


加えて共通するのは、全ての原料が食用素材でできているということ。

食べられるほど安全な素材でできているんです。

(注:でもコスメなので食べちゃダメですよ)


もちろん、パラベン、アルコール、合成着色料、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤、全て不使用です。


ココナッツの素材の力を生かすため、最低限の成分だけ使ってます。


『クレンジングクリーム』↓↓↓COCO ORGANICS(ココオーガニック)


『フレッシュソーブ』↓↓↓COCO ORGANICS(ココオーガニック)


『フェイスクリーム』↓↓↓COCO ORGANICS(ココオーガニック)


『リップバーム』↓↓↓COCO ORGANICS(ココオーガニック)


ココナッツオイルだけど、べたつかない!体温で、すーーーっととろける心地いい感触♪

とにかく試してみたい!ということで『フェイスクリーム』をお試し♪↓↓↓COCO ORGANICS(ココオーガニック)

『オイル』のイメージで触るとちょっと予想外かも……

ふわふわしてるというか、凄く軽いんですね。


クリームはクリームでも、しっかり泡立てたホイップクリームのような感触。


そして非常に伸びがいい♪↓↓↓COCO ORGANICS(ココオーガニック)

固形だったものが、手の体温ですーーーーっと伸びてきます。

これはココナッツオイルの特製からくる感触なんですが、オイルのべとっとしたいやな感じが全然ないんですよ。


肌にしみ込む感じも気持ちいい♪↓↓↓COCO ORGANICS(ココオーガニック)

正直言うと、私あんまりココナッツって得意ではないんですよね……^^;

なんか小学校の頃床に塗ってたワックスと同じ臭いな気がして。


でもココオーガニックは大丈夫だったのがまずびっくり。

同じココナッツでもココオーガニックのココナッツの香りはいやな角がないというか、優しい。


ココナッツのクセが苦手な人って結構いる気がするんだけど、その中でもココオーガニックは大丈夫って人も結構いるんじゃないかな。


ウニが苦手な人が、港で取れたてを食べたら美味しかったみたいな感じかもしれない(笑)

質のいいものって違うんだ!というのを改めて感じました^^




COCO ORGANICS(ココオーガニック)


▼▽▼▽▼ 詳しくはこちら♪ ▼▽▼▽▼

COCO ORGANICS(ココオーガニック)公式オンラインショップ

ココオーガニック-COCOORGANICS




⇒⇒ 他の『ココナッツ』に関する記事はこちら♪




レビューブログ研究ワークショップ