『防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)』を飲んだら冷えてしまった……

おはようございます♪

お腹の脂肪の分解、燃焼、排出を促進するという漢方薬『防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)』を飲んでみたんですよ。


最初は良い感じもあったんですが、私の体質にはちょっと合わなかったようで、2週間で使用を中断しました。

漢方なので、体質の合う合わないも人それぞれなんですねー。




▷ 『生漢煎【防風通聖散】


<スポンサードリンク>

『生漢煎 防風通聖散』は生薬が濃いんです♪

これが今回飲んでみた『生漢煎 防風通聖散』♪↓↓↓『生漢煎 防風通聖散(しょうかんせん ぼうふうつうしょうさん)』

『防風通聖散』は、便秘を伴う肥満症の人に勧められる漢方薬。


漢方薬って生薬の配合割合が決まっていて、その割合を保ったまま添加物(でんぷんなど)を加えて作られてます。


なので、いろんな製薬会社が同じ漢方薬発売してますが、中に入っている生薬の割合ってまちまちなんですね。

同じ『防風通聖散』でも、添加物が増えれば、生薬の分量は減ってしまいます。


『生漢煎 防風通聖散』の場合、原生薬の最大量27.1gを4.5gのエキスに凝縮して入っています。


これ、満量処方っていうんだそうですが、他社製品と比べても多いんですよ。

ざっくり見てみても、他社だと2g〜3gほど。


そう考えると『生漢煎 防風通聖散』って凄く濃ゆーい、そして効率がいい、ということになるんですね。


『防風通聖散』を試してみたい!という人にはとても良いものだと思います^^


飲んでみました!お腹の調子は良い感じ♪

これが『生漢煎 防風通聖散』♪↓↓↓『生漢煎 防風通聖散(しょうかんせん ぼうふうつうしょうさん)』

まあ、見るからに漢方です。


味も、漢方薬によくある感じ。

美味しくはないです^^;


それでも数日飲んでると慣れてきます。

美味しくはならないけど、まあこんなもんだなと。


で、飲み始めて最初に感じたのがお腹の調子が良くなってきたこと。


『生漢煎 防風通聖散』の18種類の生薬が、代謝を高めていらないものを排出するのを助けてくれるわけなんですが、よくあるデトックスティーと違ってお腹が痛くならなかったんですよ。


最初、腸が動く感じがするので何となく違和感があったけど、別にトイレに駆け込むようなこともなく。

普通にトイレに行って、出さなきゃいけないものがちゃんと出る。


ちょっと外出が続いたり、仕事に追われると便秘で苦しむことがよくあるので、これはすごく嬉しかったんです^^




▷ 『生漢煎【防風通聖散】

あれ??『防風通聖散』を2週間飲んでて気づいたこと……

『生漢煎 防風通聖散(しょうかんせん ぼうふうつうしょうさん)』

飲み始めて数日経つ頃から風邪引いてる感じではないのに、やけに身体が冷えるなーと思って。


特に手足。

末端冷えが強くなっちゃったんですよ。


寒くなってきてた時期だからしょうがないかなあなんて思ってたんですが……

それにしてもなんか様子おかしいと。


で、調べたら『防風通聖散』って身体冷やす作用があるんですね。


これは私にはあかーん!

ということで、ここで使用中止しました……


でもなんでここで気がついたか?というと、以前も似たようなことやってるんですよ^^;

前もダイエット目的で飲んだもので冷え性がでまして……今回またやってしまった、というわけです。


ちなみにその時飲んでたものというのが『蕃爽麗茶(ばんそうれいちゃ)』。

糖の吸収をおだやかにするというお茶ですね。


『蕃爽麗茶』は食前に飲むお茶なんですが、この時もしばらくして末端冷えが出まして。


でも前回も今回も飲むのやめたら冷えはおさまってきました。


漢方はお薬なので、合う合わないというのは人それぞれあるわけです。

自分の体質をよく考えて選ばないといけないですね。


『防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)』を飲むのに向いている体質♪

『生漢煎 防風通聖散(しょうかんせん ぼうふうつうしょうさん)』

簡単に言うと、身体が温かい人。


ちょっと調べると出てくるんですが、『防風通聖散』は火照りやすい人とかのぼせやすい人が飲んだりもするようです。


今回飲んだ『生漢煎 防風通聖散』は、いろんなメーカーの『防風痛聖散』の中でも元の生薬が満量処方されているので、私の場合冷えが強く出ちゃったのかもしれないですね。


ということで冷え性女性は気をつけた方が良いかも。


でもお腹の調子は良くなってきてたんだよなあ……

そう思うと、ちょっともったいない感じもする^^;


私の場合は身体を温める漢方の方が合っているようなので、探してみようかなあと思います。




『生漢煎 防風通聖散(しょうかんせん ぼうふうつうしょうさん)』


▼▽▼▽▼ 詳しくはこちら♪ ▼▽▼▽▼

▶ 『生漢煎【防風通聖散】




⇒⇒ 他の『漢方』に関する記事はこちら♪