トリニティーライン『マイルド オイル クレンジング』リピートです♪

TRINITYLINE(トリニティーライン)『マイルド オイル クレンジング』

おはようございます♪

TRINITYLINE(トリニティーライン)の『マイルド オイル クレンジング』をセールで購入~♪


去年買ったサンプルセットが良くて、リピートしてしまいました^^

* 目次 *
  1. トリニティーラインの『マイルド オイル クレンジング』は赤ちゃんでも使えるやさしさ♪
  2. トリニティーラインの『マイルド オイル クレンジング』の成分表示♪
  3. トリニティーラインの『マイルド オイル クレンジング』使用量について♪
  4. トリニティーラインの『マイルド オイル クレンジング』個人的使用感♪

TRINITYLINE(トリニティーライン)の『マイルド オイル クレンジング』は赤ちゃんでも使えるやさしさ♪

TRINITYLINE(トリニティーライン)『マイルド オイル クレンジング』

トリニティーラインのホームページには、

トリニティーラインのメイク落としは、赤ちゃんでも使える肌へのやさしさを求めて開発した製品です。


……とあります。


箱にも解説があるのですが『無香料、無着色、ノンアルコール(エタノール不使用)、ノンパラベン/アレルギーテスト済み、パッチテスト済み』。


これは、肌の弱い方のでも期待できんるんじゃないでしょうか。

私も肌はそんなに強くないですが、とても優しい使い心地でした^^

トリニティーラインの『マイルド オイル クレンジング』の成分表示♪

『マイルド オイル クレンジング』の成分表がこちら↓↓↓TRINITYLINE(トリニティーライン)『マイルド オイル クレンジング』

主成分(上から)3つを調べてみました。

  • パルミチン酸エチルヘキシル:

パーム油やモクロウ由来の油性成分で酸化しにくく、肌にも低刺激。皮膚に柔軟性を与えるエモリエント剤として作用する。


  • トリエチルヘキサノイン:

エステル油。植物油よりも酸化しにくく、伸びが良い。エモリエント剤として配合される。防腐剤としても使われますが、安全性は確認されている。


  • ジオレイン酸ポリグリセリル-10:

界面活性剤の1種だが、肌への刺激は少ない。優れた乳化力がある。


ここで気になるのは『ジオレイン酸ポリグリセリル-10』かなと思うんですけど、私の場合はオーガニック100%にはこだわってません。


肌はあまり強くないんですが、オーガニック100%にしてしまうと今度は落ちない……^^;

オーガニック100%でちゃんと落ちるものなら何も問題はないんですが、私に合うものはまだ見つかってません。

だから洗浄力を考えると、ケミカルな成分が少々入ってしまうのは仕方ないかな~と思ってます。


トリニティーラインの『マイルド オイル クレンジング』使用量について♪

ポンプ式なので、毎回の量が固定されるのは有難いかな。

チューブだと中身が出すぎちゃったりするから^^;


ホームページやパッケージの使い方には、2~3プッシュって書いてあるけど、1プッシュの量が結構多いので、私の場合1プッシュ半ぐらいで足りてます。


これくらい♪↓↓↓TRINITYLINE(トリニティーライン)『マイルド オイル クレンジング』

……節約??いや、貧乏性ですね(笑)

トリニティーラインの『マイルド オイル クレンジング』個人的使用感♪

TRINITYLINE(トリニティーライン)『マイルド オイル クレンジング』

最初に書いた通り、使った感じはとても良かったです。


ちゃんと汚れを落としている感じもしますし、洗った後はしっとりでそんなにつっぱらない。

私、これからの季節が大変で、花粉が飛び始めると途端に体調が悪くなって肌が荒れます。

それまでは使っていた化粧品が使えなくなることも多いんですが、その時にも今と同じ様な使用感で使えたら、このまま使い続けるかも。


たまにセールもやっているので安い時見計らって買うのも手かな~と思ってます。


TRINITYLINE(トリニティーライン)マイルド オイル クレンジング


⇒⇒ 他の『クレンジング』のレビュー記事はこちら♪