国産ダイエットプーアール茶『茶流痩々(さりゅうそうそう)』はダイエットしてなくても飲みたい♪

お茶の荒畑園(あらはたえん)『茶流痩々(さりゅうそうそう)』

おはようございます♪

お茶の荒畑園(あらはたえん)の『国産ダイエットプーアール茶 茶流痩々(さりゅうそうそう)』をモニターさせたいただきました♪


ダイエット用のプーアール茶だから、どれだけ渋いんだ!?と思ったんですが、普通に美味しいプーアール茶でした!

* 目次 *
  1. 『茶流痩々(さりゅうそうそう)』は国産のプーアール茶なんです♪
  2. 『茶流痩々(さりゅうそうそう)』を淹れてみる♪
  3. ティーパックひとつで1L♪たくさんできます♪
  4. 『茶流痩々(さりゅうそうそう)』を飲んでみた!

<スポンサードリンク>

『茶流痩々(さりゅうそうそう)』は国産のプーアール茶なんです♪

こちらが今回モニターさせていただいた『茶流痩々(さりゅうそうそう)』♪↓↓↓お茶の荒畑園(あらはたえん)『茶流痩々(さりゅうそうそう)』

今回いただいたのは2回分。


ダイエット茶と言っても、2回飲んだだけで痩せることはまずないので……っていうか、それで痩せたなら、そっちの方が問題です^^;

ということで今回は、『茶流痩々(さりゅうそうそう)』はどういうものなのかー??というお話。


『茶流痩々(さりゅうそうそう)』の大きな特徴のひとつが,含まれる『ポリフェノール』の量。


『茶流痩々(さりゅうそうそう)』の『ポリフェノール』は、緑茶の25倍。

これは、普通の輸入されたプーアール茶<の1.3倍と多いんですね。


加えて『静岡県牧ノ原』って、元々お茶の産地としては有名です。

牧之原産の茶葉は肉厚だからカテキンや有用成分も豊富なんだそうですよ。

それだけ元々茶葉が持っている質も高いんですね。

私、今までに結構色んな種類のダイエット茶とか、デトックス系のお茶を飲んでますが、まあ、いろいろなんですよ。

それなりに美味しく飲める物もあるんですが、正直これは続けられない……と思う物もありました。


あと、気をつけないといけないのが体質に合うか合わないか。

体質に合わないと、お腹壊したり具合悪くなったりする場合もあります。


購入をする時は、初回はお試しサイズとか、なければ1パックだけ購入して、試しに飲んでみるのをお勧めします。

あと、ネットの世界ではレビューを書いている人がたくさんいるので、そちらを参考にするのもおすすめです^^


ということで、今回の『茶流痩々(さりゅうそうそう)』について見てみましょうー♪


袋開けてみました♪↓↓↓お茶の荒畑園(あらはたえん)『茶流痩々(さりゅうそうそう)』

プーアール茶なので、茶葉が黒っぽいのが見えますよね。


プーアール茶は、中国茶の1種です。

中国茶と一口に言ってもさらに分類があって、

  • 緑茶
  • 白茶
  • 黄茶
  • 青茶
  • 紅茶
  • 黒茶
  • 花茶

この7種類に分類されます。


プーアール茶はこの中の『黒茶』に分類されます。

見た目的にウーロン茶もプーアール茶に似てますが、ウーロン茶は『青茶』。

ウーロン茶とプーアル茶の違いは、プーアール茶は微生物(麹菌)による発酵が行われてるんです。


プーアール茶って、クセがあるから苦手、という人も結構いる気がするんですが、このクセの元は微生物による発酵なんですね。

『微生物(麹菌)で発酵』とかって聞くと、とりあえず身体に良さそうな気がしてしまうのは私だけ??(笑)


よってみます♪↓↓↓お茶の荒畑園(あらはたえん)『茶流痩々(さりゅうそうそう)』

綺麗な色してます。

袋開けた時に、ふわっとプーアール茶独特の香りもしますよ^^


で、さっきプーアール茶は中国茶と言いましたが、この『茶流痩々(さりゅうそうそう)』は国産です。

日本一のお茶処、静岡県の牧ノ原産のやぶきた茶を100%使っているんだそうです。


本場中国のプーアール茶というのも良いですが、国産となると何となく安心感がありますね。

『飲み続ける』ということを考えると、この安心感は大きいのかも。


『茶流痩々(さりゅうそうそう)』を淹れてみる♪

お茶の荒畑園(あらはたえん)『茶流痩々(さりゅうそうそう)』

ではでは、実際に『茶流痩々(さりゅうそうそう)』を淹れてみます♪

入れ方は、解説の通りに^^


ティーパックは水から入れます♪↓↓↓お茶の荒畑園(あらはたえん)『茶流痩々(さりゅうそうそう)』

水は1L。

やかんでもなんでも良いんですけど、今回はわかりやすいように鍋を使ってます。


ます沸騰させます♪↓↓↓お茶の荒畑園(あらはたえん)『茶流痩々(さりゅうそうそう)』

あともうちょっと……


沸騰してから3〜4分煮だします♪↓↓↓お茶の荒畑園(あらはたえん)『茶流痩々(さりゅうそうそう)』

今回は3分で。


煮出し中〜♪↓↓↓お茶の荒畑園(あらはたえん)『茶流痩々(さりゅうそうそう)』


3分経過!できました♪↓↓↓お茶の荒畑園(あらはたえん)『茶流痩々(さりゅうそうそう)』

すごく綺麗な色!

美味しそうです^^


<スポンサードリンク>

ティーパックひとつで1L♪たくさんできます♪

お茶の荒畑園(あらはたえん)『茶流痩々(さりゅうそうそう)』

この『茶流痩々(さりゅうそうそう)』、何が良いと思ったかというと、ティーパック1つでたくさんできる!


1回でできる量が多いというのは、面倒くさがりな私には非常に助かるのです^^

あと仕事中もお茶はひたすら飲んでいるので、純粋に量があるというのは嬉しい!


ティーパック1つで1Lできるんですよ♪↓↓↓お茶の荒畑園(あらはたえん)『茶流痩々(さりゅうそうそう)』

だから、1回作って置いておけば、結構飲めます。

夏は冷蔵庫で冷やして、冬は保温できるタンブラーなんかに入れておくと良いですね^^


『茶流痩々(さりゅうそうそう)』を飲んでみた!

お茶の荒畑園(あらはたえん)『茶流痩々(さりゅうそうそう)』

というわけで『茶流痩々(さりゅうそうそう)』を飲んでみました♪


まずは、煮出したものをそのままで♪↓↓↓お茶の荒畑園(あらはたえん)『茶流痩々(さりゅうそうそう)』

まずね、色が綺麗!


通りすがりのうちの母も『綺麗な色ねー…………ぐびぐび(←飲んでいる)』

元々我が家はお茶の消費が激しい家です^^;


味は母曰く、『普通に美味しい、渋くないよ〜』だそうです。


確かにね、渋くないというか、プーアール茶にしてはすっきりした感じ。

プーアール茶独特のクセがそんなに気にならないですね、『0(ゼロ)』ではないですが。


ダイエットティーを謳うものって、異様に渋かったりクセがあったりするものもありますが、『茶流痩々(さりゅうそうそう)』は飲みやすい部類に入るんじゃないかなと思います。

肉料理とか、濃い味の料理のお供にもしたいですね^^


暑い日だったので氷を入れてみた♪↓↓↓お茶の荒畑園(あらはたえん)『茶流痩々(さりゅうそうそう)』

暑い日は濃いめに作って、氷を入れておくとちょうど良いかなと思います。

すっきりした味なので、ちゃんと冷やすとさらに美味しいですよ♪


朝作って、冷蔵庫に入れておいたら、家族みんな飲んでたらしく、あっという間になくなりました^^;

これから家族みんなでダイエットできるでしょうか……(笑)


お茶の荒畑園(あらはたえん)国産ダイエットプーアール茶 茶流痩々(さりゅうそうそう)

茶流痩々


<スポンサードリンク>